当院の設備

歯周病とインプラント治療

2017年9月30日 (土)

皆さんは歯周病という病気をご存知でしょうか。歯周病になっている患者さまの場合、インプラントの治療に際して問題になることがあります。歯周病とインプラントの関係について理解をしておくと治療の手順や目的が非常に理解しやすくなります。インプラント治療についてしっかりと知識をつけるためにも、皆さんにご紹介したいと思います

 

歯周病というのはインプラント治療を行うときに非常に注意が必要な疾患です。インプラントを埋め込むにあたり、歯周病のような慢性的な歯茎の炎症があると骨が減少してしまい、インプラントを埋め込んだ後に骨が少なくなり、最終的にインプラントを除去しなければならない事態にもなりかねません。このため、まずは歯周病の治療を先に進めておくことが何よりも重要になります。歯周病の状態が改善し、お口の中の炎症が減少した後に一度レントゲン写真を取り、骨の状態が悪くないかしっかりと確認することが大切です。インプラント治療を進めるときに重要な歯周病は、歯磨きと歯石の除去で改善します。今現在歯周病をお持ちの方は必ず早めに治療を進めるように心がけましょう。

 インプラントの治療を行うとお口のケアのやり方が少し変化します。インプラント専用のブラシなどを使って汚れを落とす必要があるので、歯周病治療を通じてしっかりと口腔ケアを自分で行う習慣を身につけるように心がけていきましょう。

カテゴリー : 未分類

  • お問い合わせはお気軽にどうぞ042-739-4682
  • ACCESS
  • CONTACT