当院の設備

インプラントと口臭の関係性(入れ歯との差)

2017年12月21日 (木)

インプラント治療を終えるとおそらく多くの皆さんが自分の歯のように噛めると驚かれると思います。今まで入れ歯を使っていた方が自分の歯のようにインプラントを使って食事を楽しんでいる姿を見るのは歯科医師にとって大きなやりがいになります。インプラントは口臭に注意をしていると自然と長持ちさせることができるのを皆さんはご存知でしょうか。インプラント治療で必要なお手入れと口臭について知識をつけましょう。

 インプラントの口臭は入れ歯と異なり、インプラント周囲の汚れから発生します。入れ歯は入れ歯本体にこびりついた細菌が作り出す臭いや、細かい溝に住み着いた細菌が作り出す臭いが入れ歯の臭いの正体で、取り外して洗ったり、歯科医院でしっかりと洗浄することで、臭いを落とすことができます。インプラント周囲の汚れが原因の口臭は非常に気になるものですが、取り外して洗うことができない分厄介かもしれません。インプラント周囲の口臭は汚れを除去すれば大きく臭いを落とすことができます。このため、毎日の歯磨きとインプラント専用のデンタルフロスを利用してお口をきれいにするといいかもしれません。

 インプラントの周囲の炎症や口臭に悩まれている方は是非一度当院へお越しください。口臭がなくなるだけで非常に生活が楽になります。お困りの方のためにしっかりとした治療を提供させていただきます。

カテゴリー : ブログ

  • お問い合わせはお気軽にどうぞ042-739-4682
  • ACCESS
  • CONTACT