当院の設備

リッジエキスパンジョンとは?

2018年1月3日 (水)

インプラント治療をするときに問題になるのがインプラントを埋め込む予定部分の骨の分量です。骨が少ないとどうしても重要な神経に触れてしまったり、インプラントを埋め込む際に骨が割れてしまったりと様々なトラブルが起こることがあります。このため、事前にしっかりと準備をし、安全にインプラントを入れられる状況を整えることが求められます。このような方法の一つがリッジエキスパンジョンです。

 リッジエキスパンジョンというのは骨の厚みが薄い患者さんに用いる方法で、インプラントを埋め込む予定の部分に器具を使って段階的に骨を広げていく治療法です。徐々に骨を押し広げていくと、顎の骨の厚みが少なくてもインプラントの手術ができるので、非常に便利な治療法で、骨の高さはあるのに厚みが足りないという患者さんにとって非常に助かる治療の選択肢です。

 

リッジエキスパンジョンは歯科医療で取り入れられてからある程度長い年月が経っているので、治療に関するデータや情報が充実しています。サイナスリフトやGBRなどの手法以外にもこのような様々な治療手段があるのは患者さんにとって大きなメリットと言えるでしょう。

 インプラントをするための骨の厚みが足りないと言われたことがある方は是非一度当院へお越しください。治療ができるかどうか、可能な治療手段は無いか探していきましょう。

カテゴリー : ブログ

  • お問い合わせはお気軽にどうぞ042-739-4682
  • ACCESS
  • CONTACT