当院の設備

インプラントの由来と歴史

2017年12月30日 (土)

インプラントの治療というのは非常に長い歴史があり、最近になりようやくインプラントの治療が一般的なものとして広く認知されるようになってきたと思います。インプラントは実は開発された当時は今現在用いられているようなねじ込み式のものではなく、全く形状が異なるものでした。今回はインプラントの歴史について紹介をしたいと思います。

 インプラントの歴史はチタンと骨との結合の発見から始まります。1950年代初頭にスウェーデンの学者がチタンと骨がしっかりと結合することを発見して以来、インプラントの開発が進んでいきました。初期のインプラントはねじ込み式ではなく、金属の土台を顎の骨の表面に固定するだけのもので、その治療成績は悪く、費用ばかりかかるのにすぐに壊れてしまうものばかりでした。このようなインプラントは1960年代になりねじ込み式のインプラントに徐々に姿を変えていき、1980年代以降世界中で多くの患者さんがインプラントを用いた治療を受けるようになったのです。

 

現在でもインプラントの進歩は続いていて、治療法の変化や、インプラントの材料の変化など多くの改良が行われてきました。現在では治療に必要な時間が短縮され、治療に必要な通院回数も削減された非常に素晴らしいシステムが開発されていて、多くの歯科医院で、インプラントを用いた治療が行われています。

 インプラントの治療に興味がある方は是非一度当院へお越しください。しっかりとした治療を提供させていただきます。

カテゴリー : ブログ

  • お問い合わせはお気軽にどうぞ042-739-4682
  • ACCESS
  • CONTACT