当院の設備

インプラントの耐久年数?

2017年11月27日 (月)

みなさんはインプラントの耐久年数について心配された事は無いでしょうか。入れ歯やブリッジを使って治療をしてみても、いずれ壊れてしまって作り直したり、実は様々なトラブルから永久に使う事ができません。これらと同じく、インプラントも実は耐久年数があり、やがて壊れてしまう事があるのです。

 インプラントの耐久年数は一度手術を行ってから最長でも15〜20年程度と考えるといいかもしれません。手術後10年程度は問題なく使えることが大半なのですが、一般的にインプラントを利用しているとやがてインプラントの上につける上部構造の部分が壊れてしまう事で再度治療が必要になる事があるのです。実はこの耐久年数は患者さんの日々のケアや定期的なメンテナンスで伸ばす事ができます。耐久年数を伸ばすためにはまず歯科医院に定期的に通院し、しっかりと汚れを落としたり毎日歯磨きをし、歯間ブラシを通す事でしっかりとインプラント周囲の汚れを落とす事で長い期間インプラントを利用する事ができます。

 患者さんにとってインプラントを長期間利用するというのは当然望む事だと思います。インプラントを長期間利用し続けるためにはまず何よりも日々のお口のケアが重要です。口腔ケアを充実させるためにもしっかりと毎日お口のお手入れを行う習慣を身につけましょう。

カテゴリー : ブログ

  • お問い合わせはお気軽にどうぞ042-739-4682
  • ACCESS
  • CONTACT