当院の設備

ブリッジとインプラントの違いは?

2017年11月24日 (金)

みなさんはインプラントとブリッジの治療をご存知でしょうか。インプラントとブリッジの治療はそれぞれ独立して行ったり、お互いの利点を生かしてミックスさせながら治療を行う事があるので、治療についてしっかりと理解しておくと役立ちます。

 インプラントというのは人工の歯根の事で、チタンで出来た人工の歯根を顎の骨の中に埋め込む治療です。この人工の歯根であるインプラントは非常に強固な土台になってくれるので、この上に人工の歯を取り付けたり、入れ歯を固定する土台に用いる事ができます。非常に便利な治療手段なので、日本中で非常に人気がある治療法です。保険適応ではないので、治療費用はかかりますが、その性能は非常に優れているので、現在多くの歯科医院で導入されています。

 ブリッジというのは歯が一つか二つ程度失ってしまった時に行われる治療法です。隣接する健康な歯をやや小さく削り、この削った歯を橋の土台のようにして人工の歯が連続して繋がった被せ物を取り付ける治療法です。この治療法では入れ歯のように取り外しを行う必要が無いので、生活での負担も少なく、非常に快適に利用できます。ブリッジの土台には健康な歯を小さく削る必要があるので、このような治療を望まない場合には入れ歯やインプラントを用いた治療を選択するのがいいかもしれません。また、インプラントのように安定した土台を用いてブリッジを作る事もできるのでインプラント治療やブリッジ治療に興味がある方は是非一度歯科医院へご相談ください。

 歯がなくなってしまいお困りの方は是非一度歯医者にご相談ください。しっかりとした治療で、健康なお口を取り戻しましょう。

カテゴリー : ブログ

  • お問い合わせはお気軽にどうぞ042-739-4682
  • ACCESS
  • CONTACT