当院の設備

上部構造について

2017年10月24日 (火)

インプラントを利用した治療が普及し、その治療技術も格段に発展してきました。おそらく患者さんにとってはインプラントの治療というものがどんどん身近なものになっているのではないでしょうか。インプラントの治療は上部構造が非常に重要で、インプラント治療の上部構造について一度考えてみると治療がわかりやすくなります。インプラントの上部構造について皆さんにご紹介したいと思います。

 インプラントはフィクスチャーというインプラントの本体を顎の骨の内部に埋め込むボルトの部分と、上部構造と呼ばれる上部にとりつける人工の歯の部分からできています。この上部構造は非常に多くの種類があり、セラミックでできた綺麗な歯をつけたり、幾つかのフィクスチャーを埋め、ブリッジを作ったりすることがあります。また、中には入れ歯を固定するために入れ歯の固定器具のマグネットを取り付けることがあるので、上部構造は非常に多くの種類を使い分ける必要があります。

 インプラント治療に用いる上部構造を選ぶためにはしっかりとした治療の計画が重要です。歯科医師と相談しながら治療方針を決めていくときにインプラントの上部構造を選ぶことができるので、しっかりと知識をつけて選ぶようにしましょう。インプラントの応用は入れ歯だけでなく、ブリッジなど多くの選択肢と多くの材料から選ぶことができます。インプラント治療が必要な方や歯科治療で不安なことがあるときにはすぐに歯科医師に相談しましょう。

カテゴリー : 未分類

  • お問い合わせはお気軽にどうぞ042-739-4682
  • ACCESS
  • CONTACT