当院の設備

どんな場合に骨造成が必要なの?

2017年10月21日 (土)

インプラント治療を受ける時に問題になるのが骨の分量です。上顎でも下顎でもインプラントの治療を行うときには必ず骨の分量を考えて治療を行います。顎の骨の分量が減少してしまうと、どうしても治療が難しくなってしまうことがあるので、あらかじめ骨の分量を考えて治療を行います。このために行われるのが骨造成という治療です。

 インプラントの治療のときに歯科医師が気にするのが骨の分量です。歯周病や老化に伴いインプラント治療を行うのに十分な骨量が得られなくなることがあり、インプラント治療が難しい場合には骨造成という治療を行います。骨を増やすためには骨の材料になる材料を歯茎の下に埋めこみ、やがて、骨と一体化し骨に変化するのを待ちます。骨粗鬆症などの骨ができにくい状態の患者さんや糖尿病などの傷口がなかなか治らない方は特段に注意が必要なので、必ず全ての患者さんが利用できる治療というわけではないのですが、インプラントを利用した補綴治療を検討されている方は是非一度歯科医師にご相談ください。全身の状態を考えながらしっかりと治療を進めていきましょう。

 

町田市にも数多くの歯科医院があり、インプラントの治療に際して様々な技術を用いて治療を進めています。インプラント治療を行うときに骨造成が必要な方は是非一度ご相談ください。しっかりとした治療を提供いたします。

カテゴリー : 未分類

  • お問い合わせはお気軽にどうぞ042-739-4682
  • ACCESS
  • CONTACT