当院の設備

静脈内鎮静法とは

2017年9月18日 (月)

インプラントの治療を受けるというのは皆さん少なからず不安な思いを抱えながら受診するのが一般的な患者さんの心境なのだと思います。手術と聞くとどうしても皆さん尻込みしてしまったり、不安な思いを抱えてしまうのは当たり前のことでしょう。最近になり、インプラントの治療技術が進歩し、最近では多くの患者さんが短い治療期間で大きな不安を感じずにインプラントの治療を終えることができるようになってきました。インプラント治療の不安を解消する、静脈内鎮静法についてご紹介したいと思います。

 今では多くの患者さんがインプラントを使っていますが、インプラントの手術の時に血圧や心拍などに異常を起こしてしまう方が少なからずいらっしゃいます。実は手術にともなって起こる不安感や焦りから、人間は体をドキドキと興奮する方向に反応を進めてしまい、心拍数の異常や人によっては血圧の急上昇などの人体に有害な反応を引き起こしてしまう方がいるのです。血圧の上昇は治療の時の出血や、心臓や脳の血管への負担になるので、非常に有害です。このため、患者さんにリラックスし、眠っている状態で治療を進める静脈内鎮静法という方法を用いることがあるのです。静脈内鎮静法は点滴を通じて気持ちをリラックスさせ、ウトウトと眠くなる薬を投与する方法で、この方法を通じて眠っている間に治療を終えることができます。不安感を感じないので、血圧に問題があったり、不整脈が心配な方にとって有効な治療手段です。

 インプラント治療に興味があり、今後利用を検討されている方は是非一度当院へお越しくださいませ。

カテゴリー : 未分類

  • お問い合わせはお気軽にどうぞ042-739-4682
  • ACCESS
  • CONTACT