当院の設備

アゴの骨が少ないとインプラント手術は受けられないの?

2017年9月6日 (水)

あらい歯科クリニックではインプラント治療を通じて毎日患者さんのお口の健康を取り戻すべく日夜診療に当たっています。実はインプラントというのは非常に使い勝手がよく、多くの患者さまが利用されている治療法なのですが、一つだけ弱点があります。実はインプラント治療は骨の分量が少なかったり、骨が脆い方の場合には治療を避けなければいけない事があるのです。一度皆さんのお役に立つように詳しく説明をしたいと思います。

 インプラントの治療を行うときに実は骨の質や分量が非常に重要な影響力を持っています。インプラント治療を行うときにはまず土台の骨が脆くないか確認する必要があります。女性の患者さんは男性よりも骨粗鬆症などの病気になる事があるので、骨が脆くなっていないかどうかの確認は非常に重要です。また、骨が少なくなっている患者さんは顎の骨の中の神経や土台としての安定性の問題で骨を再生させる治療が必要になる事があります。骨の再生には骨と同じような材料を歯茎の下に入れることで骨を再生させる治療や、顎の他の部分から骨を移植する治療など様々な選択肢があるので、患者さんの需要にあわせて治療を選びます。

 患者さんの中には骨に問題を抱えてしまい、治療を諦めている方がいるかもしれません。しかし、実は最近の歯科医療の進歩によって顎の骨に問題があっても治療ができるケースが広がってきています。決して諦めることなく、お困りのときは一度歯医者に相談するようにしてみましょう。

カテゴリー : 未分類

  • お問い合わせはお気軽にどうぞ042-739-4682
  • ACCESS
  • CONTACT