当院の設備

インプラント手術に痛みはあるの?

2017年8月27日 (日)

インプラントの手術を行う方にとって痛みというのは非常に重要なポイントになるのではないでしょうか。どんな治療でも痛みが強い治療を受けようという方はいません。インプラントの治療を行うときに発生する痛みは歯医者も十分に配慮して治療を行っていて、しっかりとした麻酔を行うことでインプラント治療が非常に楽に受けられるようになります。インプラント治療にまつわる麻酔について、しっかりとした知識をつけ、適切な治療を選ぶようにしましょう。

 インプラントの治療では様々な麻酔法を使います。一般的にはキシロカインという麻酔薬を歯茎に注射し、歯茎の感覚を遮断します。歯茎の表面にまず表面麻酔を行い針が刺さる痛みを弱め、その後歯茎の内部に麻酔薬を注射するので、注射に伴う痛みはほとんど感じません。このほかにも顎の奥の方にある下歯槽神経という神経の周りに麻酔薬を注射し、顎全体に麻酔をかける伝達麻酔を併用することがあります。この麻酔を利用するとさらに痛みを抑えることができるので、痛みが不安な方に対応して利用します。

 不安感が強い方には静脈から点滴を行い、ウトウトと眠っている間に治療を行う静脈内鎮静法という方法を組み合わせて麻酔を行うことがあります。この方法では眠っている間に治療が終わってしまうので、どなたでも気楽に治療に臨むことができます。不安感が強い方や、血圧が高い方に適した治療法です。

 インプラントの治療を希望されている方は是非一度当院へお越しください。痛みの少ない安心できる治療を提供いたします。

カテゴリー : 未分類

  • お問い合わせはお気軽にどうぞ042-739-4682
  • ACCESS
  • CONTACT