費用

インプラント治療の費用

インプラント体 埋入

インプラントタ体埋入 250,000円+税 (CT撮影、手術料など全て含む)

上部構造(人工歯)

上部構造(人工歯) ・銀歯(金銀パラジウム合金) 50,000円+税
・ハイブリッドセラミック 100,000円+税
・オールセラミック ¥ 130,000円+税

サイナスリフト

サイナスリフト インプラントの本数に関わらず、
片側 200,000円+税

オールオンフォー(All-on-4)

オールオンフォー(All-on-4) 2,200,000円+税 〜

医療費控除・保険制度に関して

インプラントインプラント治療は、健康保険が適用できません。全て自費診療となります。
治療費は医院によって値段は異なりますが、 大体1本25〜50万円程度が平均です。使用するインプラントのメーカーや、保証の有無などにより値段は異なります。

当院では、世界で一番歴史のある「ノーベルバイオケア」社の「ブローネマルクシステム」というインプラント体を使用しています。
これは、安全性と確実性が実証された 最高品質のインプラント体です。安いメーカーに比べると費用がかかってしまいますが、患者様への安心・安全のために最高級のメーカーを使用しています。

 医療費控除・保険制度に関して

医療費控除とは?

1月1日から12月31日までの1年間の本人または生計を一(いつ)にする家族のために医療費を支払った場合に一定金額の所得控除を受けられることが出来ます。

対象となる医療費は??

病気を治療するのに、実際に支払った全ての費用が対象となります。
例えば、熱を出して内科に行った場合、その診療費と薬代、マッサージ代金、通院にかかった交通費など、1年間すべてを加算して申告出来ます。大前提に「健康維持」のための支出が対象となります。

歯科においては、 一般歯科治療費、セラミックや金を使った人工歯の装着、金属床の義歯、インプラントなど自費診療も対象となってきます。

医療費控除対象金額

医療費総額から補てん保険金を引き、そこから「10万円」か「所得の5%」の金額を更に差し引いたものが控除対象の金額となります。(年収200万円以上なら「10万円」、年収200万円未満なら「所得の5%」とお考えください)

医療費控除の計算方法

(医療費控除の対象になる医療費-保険金等で補てんされた金額)-10万円(総所得200万円未満の人は総所得金額等×5%)=医療費控除額

「保険金等で補てんされた金額」には以下のようなものがあります。
■ 出産育児一時金
■ 高額療養費
■ 生命保険や、損害保険の支払い保険金■ 医療費の補てんを目的としてもらう損害賠償金

実際に戻ってくる還付金額は?

医療費控除額×本人の所得税の税率=還付金額

MENU

  • 当院の設備
  • 診療の流れ
  • 費用
  • アクセス・診療時間
  • Q&A、インプラント講座

お悩み別メニュー

  • インプラントが不安な方
  • 他院で断られた方
  • 1~3本歯を失った方
  • 入れ歯が不満な方
  • ブリッジが不満な方
  • 差し歯が取れた方
  • 歯周病で歯がボロボロの方

採用専門サイト

採用専門サイト

  • お問い合わせはお気軽にどうぞ042-739-4682
  • ACCESS
  • CONTACT